日頃から予防を意識|心筋梗塞にならないようにするには

先生
このエントリーをはてなブックマークに追加

脳におけるガン

看護師

ガンの一つである脳腫瘍は、良性でも悪性でも脳を圧迫していくため、手術による腫瘍の摘出が必要です。以前は頭蓋骨を切開して患部を摘出する手術が一般的でした。現在ではより確実で安全性が高く、患者の負担も少ないレーザー療法が人気です。

読んでみよう

入念にチェックを行なう

病棟

免疫細胞治療は盛んに研究がすすめられている分野です。この治療の最大の特徴は従来のがん治療のような負担がほとんどないことです。しかし、まだ日本では正式に治療法といて認可されていない為、治療費が全額自己負担となる点や評判の良くない病院には注意しましょう。

読んでみよう

関節の病気の治療

医者

関節が変形し痛みが生じてしまった際には、医療機関で治療を受けましょう。世田谷で治療を受ける際には、主にリウマチ内科を開設する専門の医療機関に足を運ぶと良いでしょう。

読んでみよう

代表的な心疾患

女性

心臓は生命活動の中心を担う臓器であり、心疾患の予防や改善は健康的な生活の維持に不可欠と言えます。特に心筋梗塞は生活習慣によって引き起こされる病で、突発的に起こるため、日頃から予防を意識する必要があります。心筋梗塞の主要な原因は、血液中にできた血栓が心臓に流れ込み、血液が循環しなくなることです。そのため、心筋梗塞の予防のためには血流の改善と血栓の防止を意識する必要があります。血流は日頃の食生活と運動によって左右されます。脂っこい食事が多いと血液はドロドロになりがちで、運動不足は筋肉を硬直させて鬱血に繋がります。特定の栄養に偏るより、バランスのとれた食事を適量摂取することを心がけ、日常に取り入れられる軽い運動を続けるといいでしょう。

一般的な健康診断では、心筋梗塞のリスク自体を直接調べる検査は行われませんが、その他の検査項目が心筋梗塞を予防する上で参考になります。体重や体脂肪が多いと、脂肪の多い食事を摂りがちということがわかり、血液がドロドロになっている可能性が高いです。血液検査においても、血糖値など食事の健康度を判断できる項目が多くあります。また、心臓は血液の循環に関わっている部位でポンプのような役割を持つため、高血圧は心臓に大きな負担を与えます。診断結果の項目は専門的な内容が多く、自分では理解が難しい場合があります。わからない項目については、インターネットなどを利用して情報収集を行いつつ、疑問点はしっかり医師に尋ねることが必要です。