日頃から予防を意識|心筋梗塞にならないようにするには

病院
このエントリーをはてなブックマークに追加

入念にチェックを行なう

病棟

免疫細胞治療は現在最先端のがん治療として盛んに研究がすすめられ、いずれは第4のがん治療になると言われています。海外ではすでにその治療効果が認められ、がん治療で積極的に用いられています。この免疫細胞治療は従来のがん治療とは大きく異なる特徴があります。従来のがん治療の3本柱である外科治療や化学療法、放射線治療に共通するものとして患者の負担が大きいことが挙げられていました。一方、免疫細胞治療は私たちの身体が普段から持っている免疫力を利用した治療法です。そのため、とても身体に優しい治療法となっています。免疫細胞治療の最大の特徴、それは治療を受ける患者の負担がとても少ないという事です。このため、他の治療を受けられない末期患者や元々体力が無いお年寄り安全に治療を受ける事が出来ます。

先に書いた通り、免疫細胞治療は治療を受ける患者の負担がほとんどないといった画期的な治療法なのですが、日本では研究されだして日が浅いため、治療を実際に受けるにあたっては様々な注意点があります。まず、海外では立派な治療法として認可されているものの、日本では臨床結果が少ないため正式な治療法として認められておらず、治療は保険の適用外となります。つまり治療費は全額自己負担となる点に注意しましょう。また、法整備も完全ではないので免疫治療に関しては病院任せになっています。中には保険が効かないからと常識では考えられないような治療費を請求してくる病院も存在するので、病院を選ぶ際はホームページなどを入念にチェックしましょう。